スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

no title

2015/07/08 Wed 08:12

今日の夢
会社の同期や上の人たちと下町?のようなオレンジっぽい橋がかかってる場所にいる。
実はまだ本採用ではなく、今いるメンバーの中から1人しか本採用にはできない、と告げられる。
この時期に言われても困る!と抗議するがあまり相手にされない。
頑張るしかない、と思うが人事の人からA3横書きの紙に手で書いた評価を「これは見せちゃいけないんだった!」と言われながら見せられる。
良く評価されている項目もあったが最低評価の項目もあった。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

no title

2015/06/30 Tue 07:28

今日の夢

大学にいた。実際通ってた大学ではなかった。
私はそこでアニメーションを描いていた。なかなか上手くいかないところも多く、先輩に草の揺れ方のアドバイスをもらっていた。
夢の中で何度もごはん屋に行っていた。大学の入り口から徒歩5分以内くらいのチェーンの定食屋に行っていた。私はいつもカツ丼ばかり食べていた。
登場人物が昔の友達、大学の友達、会社の友達と色々バラバラだった。
ごはん屋に行く際、廊下を通ると毎度小トトロが映画部の人に捕まっているのが見えた。足をバタバタさせて死ぬほどもがいているけど、全く逃げ出せていなかった。廊下を通るたび抱えられていたり縛られていたり、様々なバリエーションがあった。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

no title

2015/06/15 Mon 08:14

今日の夢

友達3人とバタバタ朝の家を出る準備をしている。
私はやや出遅れていて、他の子はもう準備が終わっていたので先に出ておいて!と声をかける。
早く準備しないと、と鏡の前に立つと顔の下の方がめっちゃ腫れてる。
唇の色が伸びて薄くなるくらいに腫れている。
これは行けないなと思い、先に行ってて、と下で待っている3人の友達に上から声をかける。
これは病院に行かないとしかたないな、とそちらへ行く準備を始める。
と、まだ寝ていた友達が起き出す。
そいつに合わせてゆっくり準備していると気づいた時には腫れが引いている。
しかし原因が分からないので病院に行くかどうか悩む。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

no title

2015/05/22 Fri 08:14

今日の夢

美容院でバイトをしようと美容院を回っている。
最初の美容院に客として行くが、この髪型がしたいといってもどれもこれもそれはちょっと~と断られる。
ここはダメだと2つ目の美容院へ行く。二つ目の美容院では髪を切ってもらうのだが、前髪を切る時に刃物が目の前を通って、目の下を少し切られ血が出る。
2.3回切られたところで流石におかしいと抗議するが軽く流される。目を切りそうな位置を通る刃物に涙が出るが、それもこんなので泣かないでと諌められる。
切り終わりショップブースを見る。何故かドラえもんのグッズが大量に置かれている。大学の後輩がいたので執拗にドラえもんの時計を勧めておいた。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

no title

2015/05/17 Sun 07:52

今日の夢

村に住んでいる。攻めて来たモンスターがもっていた謎の病気によって食べ物とかが汚染される。
モンスターが同時に何体も何体も攻めて来るようになりそれを二人だけで弓などで倒す。モンスターを倒すためにもう人が住んでいない家は更地にされている。
食料はほぼない。他の地域もないらしく、エジプトっぽい人々が献上するようにと伝えに来るがないものはない。
しばらくするとモンスターと人間がグルになって攻めて来る。大型モンスターとその周りにピヨもんにピョコもんを合体させたような小型モンスターが周りを飛んでいる。私の村にピヨもんとピョコもんも合体させられてしまう。
今までのモンスターだけとは違い苦戦を強いられ、隅の部屋まで追い詰められてしまう。そこに元々私の村にいた合体ピヨもんが窓のあたりにくる。心が残っているらしく、私はピヨもんの足を持ちピヨもんに羽ばたいて貰いながら脱出する。
しかし敵はしつこく追いかけてくる。あまら長い距離は飛べないためちょっと飛んで着地して私が走ってを繰り返していた。逃げ切るために電車の上に飛び乗る。それでも敵はついてくる。
電車は中国のようなところにつく。そこで飛び降り、駅前にあった人力車に飛び乗って逃げる。敵も人力車で追いかけてくるが、私の人力車の運転手がめっちゃ偉い人だったらしく攻撃の手をとめる。

もう一つの夢
高校の先輩や友人が家に来ている。
親が不倫相手を私の家に連れて来てドアを早く開けろ!と言う。
しかしチェーンがかかっていたのでどうにもならず帰っていく。いつもはチェーンはかかっていないので確認すると最後にきた先輩が閉めてくれていたらしい。
しばらくするとドアが蝶番の側が蹴破られて開けられる。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。